更年期が怖い

更年期が怖い

 

40歳は、中国の思想家、孔子が書いた『論語」で「不惑」と表現されています。

 

しかし、みなさんの体調については、30代までと、何か違う感じ」と、少なからず戸惑いを覚えてはいませんか。

 

たとえば、「何事もおっくうに感じる」「暑くもないに汗が噴き出て、直後には寒気がする」「月経周期が以前より短くなった」――といった症状です。

 

 

40歳の足音を聞くと、この「何か違う感じ」が徐々にあらわれ、時を経るごとに、その不調ともいえる違和感が多様に、また頻繁になっていきます。

 

こうした過程は「更年期」として、みなさんも聞いたことがあると思いますが、この「更年期」という言葉自体が不調の原因になってしまうこともあるのです。

 

 

「更年期という言葉を聞くと、恐怖感さえ覚えます」

 

これは知り合いの話です。

 

40歳をちょっと過ぎた独身の彼女は、職場の八歳上の女性が、更年期障害がひどく、会社を頻繁に体み、最終的には辞めざるをえなかったことを目の当たりにし、自分も更年期になって症状がひどかったらどうしようと、不安を覚えたそうです。

 

 

更年期にはまだ早い彼女は、通勤途中の電車のなかでちょっと汗が出てきたり、疲れたときにめまいがあったときに、先輩女性の姿を自分の身に置き換え、彼女は、自宅近くの病院で検査をしました。

 

医者が診察しているなかでも、このケースのように、更年期にはまだ早い年代の女性が、30代とは違う体調の変化を経験した際に「更年期ではないか」とおののき、まだ見ぬ「更年期」への不安が理由で、よけいに体調を崩してしまっている例が少なくありません。

 

かねてから、40歳以上の女性がこうした不安を覚えることについて、「取り越し苦労にすぎない」と片づけてしまえるほど簡単だとは思えませんよね。

 

 

彼女のように、「更年期」に対して必要以上に身構えたり、過剰に敏感になる理由の一つは、近未来の自分の心身にどのようなことが起きるのか、という予備知識や具体像がつかみ切れていないせいではないか、と推測されます。

 

更年期の定義・語源

 

「更年期」の語源は「月のもの(月経)がなくなる」ということです。

 

更年期は厳密に詳しくいうと“開経の前後五年間”と定義されています。ちなみに開経は、月経が一年以上こなくなることです。

 

だいたい五〇歳が閉経の平均年齢といわれていますから、四五歳から五五歳くらいまで」となります。

 

この約一〇年間に女性の体内ではどんな変化が起こっているのでしょうか。

 

それまでの人生で体験したことがないような大きな変化がいろいろと体内で起きています。初めて月経になったときとは比べものにならないほどの大変化です。

 

その結果、心身に違和感を覚えたり、不調をきたします。

 

 

「更年期障害」とは、甲状腺ホルモンの機能異常などの病気がない状態です。

 

開経前後の約10年間におとずれるさまざまな不調な症状が、毎日暮らしていくのが難しいほどつらい場合をいいます。

 

しかし、だからといって更年期といわれる年代の女性の一だれもが更年期障害になるわけではない」のです。

 

 

一方、多くの人が経験する「更年期症状」の典型的なものとしては、カラダがコレステロールをため込みやすくなり、太りやすくなるほか、冷えやのぼせ。

 

ほてり(ホットフラッシュ)、動悸、息切れ、めまいといった身体的な症状のほか、イライラや俗怠感、憂うつ、不眠などの精神的なものもあります。

 

多種多様な症状が日によっていろいろとあらわれるので、これはこれで軽視できない不快さです。

 

これらの症状を意識しながらも、実際に病院に行かなくてはならないほどの更年期障害がある人は、更年期の全体女性のうちの約三割程度。

 

特に更年期障害が強く出る人は、その人が置かれている環境やもともとの性格が影響するといわれています

 

 

 

更年期症状はもとより、更年期障害という病気にならないための方法については、別ページでくわしく触れていますので、参考にしてください。