一過性の不眠

一過性の不眠とは

不眠の悩み

 

実を言うとさほど知られていませんが、睡眠障害には、2つのパターンがあるという事をご存知でしたでしょうか?

 

まずは、1つが一過性の不眠。 そして2つ目が慢性的な不眠です。

 

今回は、この2つについて、順を追って詳しく解説をしていきたいと思えます。

 

一過性の不眠とは

 

一過性の不眠というのは文字通り一時的なもので、数日〜数週間程度続くだけで、長引くことのない不眠の事のことを指します。

 

一過性の不眠の要因は様々です。

 

例えば、具体的には以下のようなものが挙げられます。

 

  • 時差ぼけ等のような睡眠時間の変化
  • 騒音や温度・湿度の不快感等の環境的な原因
  • 入学試験や大切な会議など緊張感
  • 家族の不幸など、精神的大きなストレス
  • 一過性の病気による影響

 

このように一過性の不眠は、気持ちが高ぶったときや気がかりな事がある場合に起こります。

 

勿論、眠れない時はすごくつらいとおもいますが、自分自身でもその要因が分かっているし、殆どが数日すれば解決するので、慢性的な不眠に比べ、それほど大丈夫といえます。

 

ところで、なぜ、スピリチュアルなストレスや気がかりな事があると不眠になってしまうのでしょうか?

 

晴れた青空

 

人間はもともと、体の中の時計(体内時計)の働きにより、生活のリズムを整えて、自然と決まった時刻には眠気を感じ、入眠することが可能なようにできています。

 

ところが、心配事をかかえていると、脳が覚醒し続ける様に働き、結構眠ることが不可能になってしまうのです。

 

なぜそのようなとき、覚醒し続けようと脳は働くのでしょう。

 

それは、私達の祖先の代まで逆戻ります。

 

まだ洞窟などで暮らしていた私達の祖先は、恐ろしい肉食動物に襲われるのでは無いかという危険と隣りあわせで毎日暮らしていました。

 

そのような環境の中では、決してゆったり眠っていられるわけはありません。

 

そのことから、人間は生命を守る為に、心配事がある場合に、脳が眠ってしまわないようなシステムをつくりあげたのです。

 

そのメカニズムの名残がこの現在の時代社会においても残って働いているのです。

 

 

次は慢性的な不眠について説明します

 

〜現在執筆中〜