妊娠と眠気の関係

妊娠と眠気の関係

妊婦のお腹

 

この記事を読んでいらっしゃる方の大半は女性だと思いますので、今回は妊娠と睡眠の関係性に関して触れながら、睡眠をしっかりとる事の大切さに関して述べたいと思えます。

 

男の人の方にも、きっと何か参考にはなるとおもいますよ。

 

 

さて、妊娠・出産を経験したことがある人なら分かると思いますが、妊娠すると昼間でもすごく強い眠気に襲われることがあります。

 

ネットでもそういった声は沢山聞かれますね。

 

 

 

実はこれには複数の理由があります。

 

妊娠すると眠くなる理由

 

妊娠は、子孫を残すための、大きな段階を乗り越えたわけですから、もう男の人を探しに出かける必要もありません。

 

また、妊娠した女性は胎内で大切な命を育て無ければいけないし、女性としていちばん大きなエネルギーを必要とする出産に備え無ければなりません。

 

このため、母親の体は無駄なことにエネルギーを使わない様にします。

 

 

そもそも無理に活動的になって外出したりすると、事故などに巻き込まれる可能性もあり、流産という最悪のケースもあります。

 

これらのことから、妊婦の脳は、なるべく体を動かさない様にをして、休ませようと仕向けるのです。 それが結果的に強い眠気を与えていると言われています。

 

 

妊娠3ヶ月までは、体内から大量のプロゲステロンが分泌されるので、その影響で昼間からお構いなしに強い眠気に襲われます。

 

そして妊娠6ヶ月を過ぎると、それまで活発だったプロゲステロンは減少しはじめます。

 

最後に妊娠9ヶ月ではプロゲステロンが明らかに減少し、そのかわりに今度はエストロゲンが増加してくるのです。

 

エストロゲンの働きによってそれまでとは打って変わって逆に出産前は眠気を感じなくなり、今度は眠れなくなったり、深い眠りを取ることが難しくなってきます。

 

 

女性の体は男性とは違って思春期から更年期の期間に分泌される女性ホルモンの存在が睡眠にも大きな影響を与えるといわれています。

 

女性ホルモンには、妊娠を準備する為のエストロゲンと、妊娠を成功させて状況を保つためのプロゲステロンがあります。

 

排卵の後はプロゲステロンが増加しています。 プロゲステロンには、眠気を誘う作用があります。

 

 

月経一週間前はどうにも抗い難い強い眠気に襲われる人が多いと思いますが、それにはちゃんとした理由があったんですね。