更年期障害をアロマで解決

アロマで更年期障害を対策

アロマ

 

仕事や人間関係など、さまざまなストレス原因に囲まれている現代。

 

更年期障害に留まらず自律神経やホルモンバランスの乱れなどによって、不眠症状などを引き起こしている人が増えています。

 

一説によると、不眠に悩んでいる人は一般人口の約20%に現れているのだとか……

 

このような背景から、一般の薬局・薬店でも購入できる睡眠改善薬や快眠サポート飲料などが誕生し、人気を博しています。また、注目されているのがアロマテラピーです。

 

ヨーロッパでは医療にも取り入れられているアロマ

 

そもそもアロマテラピーとは、ギリシャ語で芳香植物を意味する「アロマ」と、療法を意味するフランス語の「テラピー」を合わせて作られた言葉です。

 

ハーブ、植物の花、葉、根、種子からさまざまな方法で抽出したエッセンシャルオイルを使い、心身のバランスを取り戻し、リラックスやストレスケア そして美容や健康維持、疲労回復に役立てることができる自然療法です。

 

 

ヨーロッパでは医療保険が適用されるケースもあり、医師の処方箋で薬局でエッセンシャルオイルを購入できるほど浸透しています。

 

最近は日本でも、アロマテラピーが医療の現場においても効果が徐々に認知され始め、治療をサポートするものとしてとり入れる病院や医師が増えています。

 

興味のある人は以下のサイト↓などで詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

 

公益社団法人日本アロマ環境協会

 

アロマテラピーってどんなふうに効くの?

 

深夜になっても眠れない、朝、スッキリ目覚めることができないという状態は、自律神経の乱れなどが原因で、本来なら自然に働く体の“スイッチ”が上手に切り替わらないということです。

 

大地や太陽からのエネルギーを吸収した植物は、それだけでパワフル。

 

植物の力、アロマセラピーの力は私たち現代人の『自然の中で生活していた記憶』を目覚めさせ、心や身体を自然に還す働きをサポートしてくれます。

 

たとえば、エッセンシャルオイルのゼラニウムに含まれる分子は、女性ホルモンに近い形状をしているそうです。

 

そのため、オイルを肌に塗ったり、香りをかぐことで成分が体内に入ると、元々の女性ホルモンを刺激するという効果があるのだとか。

 

それぞれのエッセンシャルオイルには、薬とは違うアプローチで自然治癒力を高めてくれます。

 

アロマのある暮らしで更年期障害にサヨナラ

 

心地良い眠りや更年期障害をどうにかするためにアロマテラピーを暮らしにとり入れるのは、とても簡単です。

 

オススメは、入浴するときに好みのアロマオイルを数滴湯船に垂らす方法です。

 

アロマ

 

夜、ぬるめの湯船にゆっくり浸かること自体、心身のリラックスにとても効果的で、質の良い眠りに繋がりますよ。

 

アロマオイルの成分が毛穴から直接浸透しますし、適度な湿度に保たれている空間なので、蒸気から吸入する効果も高いです。

 

また、洗面器にお湯をはってアロマオイルを1滴たらし、顔を近づけてタオルをかぶり、香りを吸い込むのもGOOD! 

 

もっと手軽なのは、マグカップにお湯を入れてアロマオイルを1滴たらし、枕元においておく方法でも効果が期待できます。

 

温かいハーブティーも◎ カモミールティーやレモンバームティーをベッドに入る前に飲めば、体が温まるので、これからの季節に手足が冷えて眠れないという人向けです。

 

アロマの活用法

 

全身浴

浴槽の湯(約200mL)に5滴以下のオイルを入れ、良くかき混ぜてから入浴

 

吸入

洗面器に湯をはり、3滴以下のオイルを加えかき混ぜてから、湯に顔を近づけてタオルをかぶって芳香蒸気を吸い込む

 

芳香浴

マグカップに湯を入れ、オイルを1滴加える

 

ハーブティー

ティースプーン1杯程度のハーブを急須やポットにいれ、熱湯を注ぐ。ふたをして3?5分でできあがり。手軽なティーパックタイプを使うのも手

 

眠れないときに効果的な香りのタイプは?

chamomile

 

リラックス効果が高い香りのひとつとして有名なラベンダー。カモミールにも似たような効果があります。

 

これらは、イライラして気が立っていて眠れないとき、気持ちを穏やかにしてくれる鎮静作用が高い香りです。 何か考え事など不安を抱えていて眠れないときにオススメなのが、クラリセージ、ネロリ、イランイランといった香り。

 

また、オレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の香りにも緊張をほぐす作用があるので、寝る前にはもってこいです。

 

※ただし、香りを選ぶときは自分の鼻に聞いてみるのが一番。お店でサンプルを試してみて選びましょう。

 

 

 

最近では、アロマテラピー専門店が増えていますし、ドラッグストアや雑貨店でもエッセンシャルオイルが手に入ります。

 

気軽に楽しくアロマを使って、安眠に役立ててみてはいかがでしょうか?